マンション投資に失敗しない秘訣を教えます~リスキーが成功の鍵~

マンション

空き室リスクを防ぐ

マンション

マンション投資に失敗してしまう大きなリスクは「空き室」です。空き室があるとその分家賃収入が入ってこず、ローン返済に追われ赤字になってしまいます。これらを防ぐためにも購入の際から将来性や立地を把握しましょう。

もっと詳しく

考えられる3つのリスク

マンション投資を失敗したくないのは誰もが一緒ですよね。そんな方はサポートしてくれる会社選びが重要になってきますよ。

お金

マンション投資に失敗しないためには、まずはマンション投資で考えられるリスクについて把握しておくことが大切です。マンションの購入から検討している人は、失敗しないマンションか検討しましょう。マンション投資に適しているマンションは、立地が良く将来性がある物件です。近所にスーパーやコンビニなど手軽に買い物ができるお店があると一人暮らしの人からファミリーまで需要が高くなります。また、ファミリー向けのマンションを購入する場合は、近くに小学校や中学校、公園など子供が利用する施設があるか検討することも大切です。その上、都市開発などがあり今後多くの人が利用しやすい土地になることが見込めれば将来性があるといえます。将来性のあるマンションなら長いこと投資で成功できると考えられるためマンション投資に適しています。そのようなマンションなら空き室のリスクを防ぐことができるのでマンション投資に失敗しません。

また、マンションを購入する際、マンションを隅々までチェックすることも大切です。マンションによっては見た目がキレイでも室内環境は劣悪な場合があります。隣の部屋の生活音が響く、床が軋むなどの問題があると入居者が減っていくと同時にメンテナンス代や維持費が高く発生してしまいます。そうならないためにもマンションを購入する段階できちんと確認しましょう。日本では震災が多くあることから、災害が原因でマンション投資に失敗する人が多くいます。今ではほとんどの人が火災保険に加入していますが、それと同時に地震保険にも加入する必要があります。地震が原因で津波が発生する恐れもあるので、購入するエリアにも注意しましょう。台風や大雨による洪水にも備えておくことが大切です。これらのリスクを回避することができればマンション投資は成功するといえます。

購入の段階で決まる

男性

マンション投資に失敗するか成功するかは、マンションを購入する段階で決まります。老朽化や劣化に伴うメンテナンス費や維持費が負担にならないように、隅々までマンションを見渡し購入を決断しましょう。

もっと詳しく

災害に備えておく

マンション

日本でマンション投資をする際、災害に備えておくことが失敗しない秘訣です。火災保険のみならず地震保険にも加入し、またマンションの立地によっては津波や浸水の恐れがあるのでそういった点にも十分注意しましょう。

もっと詳しく